ビートル(タイプ1)のボディレストア/塗装編③

ビートルは日に日に進んでいます。

塗装に入ると終わりが近づいてきてると感じますね。

塗装待ちの部品はフェンダーと小部品だけになりました。

そして、ボディ本体の状況です。

ボンネットやドアは磨き仕上げが残ってますが、車の形になってきました。

交換パーツはユーザーさん任せ&合間合間の作業なので完成は遅れそうですが、、、、

 

 

 

ビートル(タイプ1)のボディレストア/塗装編②

合間合間に塗装準備。

チッピングやシーラーの作業が終わり、マスキング中。

まじめに作業してますのでマスキング作業だけでも2日弱。

塗装準備は長かったが、塗装時間は2時間ちょっと。

 

残すはドアやフェンダー類。ボディよりは準備は楽です。

 

 

 

ビートル(タイプ1)のボディレストア/塗装編

長く作業しているビートルが塗装に入りました。

地道に少しずつ塗装していきます。

フロアから

まずはチッピング。

しっかり乾かしたのち塗装しました。

ここまで来ると移動し易いように組付け。

ボディ側も一部だけ塗装してフロアと合体!!

ボディ側ももう少しで塗装に入れそう。。

その前にチッピングやシーラーなどの作業を行います。

 

 

 

ビートル(タイプ1)のボディレストア/下地ほぼ完成

長く続いてるビートル。

作業を進めていくうちに状況も変わり、残りの作業は出来る限り簡単に終わらせます。

とはいっても、ほとんど下地が終わってはいますが・・・・。

一応、塗装ができる状態まで来れました。

部品がバラバラなので塗装も手間がかかると思いますが、もうひとふん張り。。。。

 

 

 

ビートル(タイプ1)のボディレストア/フロント&クォーターパネル修復

なかなか進捗のないビートルですが、少しづつ変化がありますので、まとめて。。。

以前の状況のフロントパネル。

パネルを外して修復すると溶接されてる部分が醜くなってくるし

なんといっても手間が違いますので、ここは半田整形。

目標のゲージと比較。

中央部がほんの少し高いが・・・。これ位は良しとします。

そして、右のクォーター。剥離していきます。

ここは、あまり手を加えなくともいいようです。

少しの凹みと小さなサビ穴程度。

下地の防錆塗装。

少しパテの修正を加えてプラサフしました。

続いてリアのクォーター。剥離から。

こちらはパテが出てきました。

元色はゴールド??

パテの付いていた部分の再鈑金。ほとんどパテが必要無くなりそう。。

小さな錆穴はあります。

左のフロントクォーターも剥離途中ですが、後ほど・・・。

 

 

 

 

ワーゲンバスのフロント修理④

ワーゲンバスの塗装が終わりました。

少し艶引きで塗装し他の部分の雰囲気に合わせてみました。

艶引き塗装すると乾燥後に黒が浮いてきて色が変化してくるので

調色に気を使わないといけません。

仕上がりはまずまずかなぁ。

 

 

 

ワーゲンバスのフロント修理②

前回続きです。

バンパーを仮付けしてみました。

良い感じになってます。

残りのガードバー。

パイプにも過去修理が沢山。。。パテがいっぱい。

パイプから起こしたい気分ですが・・・・。

予算的に修理です。

炙り曲げて修正してます。

他のパーツはブラストして下地から仕上げていきます。

ガードバーも。

こちらは防錆&プラサフ後にパテ修正します。

裏表すべてに防錆&プラサフ。

お次はこちら。バンパーが曲がった衝撃で変形、同時にパテが剥離。

パテのみ修理のようです。

素人レベルなのか予算的にこの程度しか出来なかったのか・・・は不明です。

そのお陰で修理不能まで錆が酷くなってますので、簡単に製作します。

型取りです。単なる透明シート。

シートを元に製作しました。

内の骨格は曲がったままだったので簡単に鈑金して・・・。

ダメもとで防錆塗料をハケ塗り。

いくらかはマシでしょう。

製作したパネルにはジンク塗料。スポットしやすいです。

最終的に油を入れます。

取り付けました。

そして、フロントパネル。

こちらは大きく凹んでますので、まずはある程度全体を引き出します。

クランプ類は使えないので一般的にはスタッドワッシャになるでしょう。

ただ、それだと綺麗に引き出せない・・・。

私の場合は鉄板をハンダで貼り付け。

全体が出てきたら通常のスタッドワッシャにて修理。

下部には沢山の錆穴がありますので。部分張替え。

当然、すべて錆びてますので、端から端まで張り替えれば良いのですが・・・・。

こちらも最低限、錆びて穴が開いてる部分のみ対応しました。

後は防錆&プラサフしてからパテ修正に入ります。

 

 

 

 

ワーゲンバスのフロント修理

フロントのバンパーやパネルを直して見てくれを良くします。

まずはバンパー。

過去に修理した跡がありますが、裏を見ると凹んだまま・・・・。

この際、全体やり直します。

溶接されてるブラケットは一旦外して作業します。

分解し鈑金。塗膜はやはり剥がれてきます。

表面に錆が広がってる模様です。

バンパーガードも鈑金。

片側だけの予定でしたが、どうもパテの量がすごい。。。

尖り具合が左右合わないので一緒に作業してしまいます。

鈑金後、裏も簡単に剥離。せっかく塗装するのに直ぐに錆びて剥がれるのは避けたい。。。との思い。

今までは無かった防錆塗装。

 

この後、ブラケットを溶接し直してボディに仮付け。