WORKブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

2023 明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします。

バタバタしててた年末、写真だけでも更新したいと思います。

完成したカレラ4

修理中のトュクトュク

今年はまずはアシュレイから

SR311フェアレディも待機。

もう少しまともなベース車両があれば。。。。

2CV外観ペイント

青もいいね!

ポルシェ911(type993)カレラ4の全塗装②

カレラは塗装に入ってます。

ここまでの作業を一気に載せます。

ボディシェル側も外板はすべて剥離&防錆&プラサフしています。

ボディシェルの塗装は2回に分けて!

蓋物を塗装。

残すは小物パーツの塗装。

組付けも徐々に。

バンプラの全塗装③

塗装に入りました。

2回に分けて塗装します。

2回分けの意味は単純に仕上がり重視の為です。

その後は磨いて組付け。

バンパーやグリルは再メッキを依頼しましたので眩しいです。

バンプラの全塗装②

写真のようにブロックごと面出しを行っています。すごくパテの多い車両なので

恐らくパテやせによる歪と思われます。パテは使わない方が無難だなぁと思わせる車両です。

黒色はカラーサフです。同色塗装のため黒サフを塗っています。

ボンネットも同じです。

一部ブリスター跡があったのでそこだけ剥離しました。

関心してしまう程のパテ厚です。1㎝くらい?

同じ作業が続きます。

ポルシェ911(type993)カレラ4の全塗装

こちらも同時進行中です。

パッと見は綺麗です。が、表面は剥離して仕上げていきます。

ついでにサンルーフが動かないので直します。

ざっと分解し、蓋物から剥離していきます。

防錆塗料はサビランジャーです。メッキへの密着が良好な錆止め剤です。

ちなみに錆はありませんので防錆用として塗ります。

純正の亜鉛メッキは出来るだけ残したいと思い、このような仕上がりです。

サビランジャーは半透明。

そして、通常のプラサフ(2液のカラーサフ)を塗ります。

こんな感じで進めます。

バンパーはPPプラスチックなので薬剤を使った剥離はできません。

ただ、塗膜がすごく厚いので(シルバーだけでも6層)4層程度は研磨剥離しようと思います。

サンルーフはギアケースの破損でした。仮修理して動かしました。

部品は本国オーダーになりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください